楡山神社で、毎年秋に行われるお祭りです。

楡山神社は、一帯に楡の木が多かったことから名前の由来がきており、鳥居脇の古木は、埼玉県の文化財に指定されています。

また、御神紋の「ヤタガラス」は翼の大きさ八尺余りのヤタガラスが神武天皇のの道案内で大和に入ったという故事があり、楡山神社が熊野権現といわれた時代に定まったと言われています。


楡山神社の例祭では、浦安の舞や豊栄の舞の奉納が行われます。