勇壮豪快!関東随一!といわれる「大原はだか祭り」は、江戸時代から行われている伝統の秋祭りです。

1日目には、十八社の神輿がそろって大原漁港で五穀豊穣・大漁祈願を行った後、塩田川を渡り大原海水浴場へ移動し海に入る「汐ふみ」を行います。
このお祭りの御神輿は長い二点棒が特徴です。
腰だめにして走ったり、担ぎ手の肩まで海に入ったり、空高く放り上げたりと勇壮と豪快さが魅力です。

2日目の夕方には、大原中央商店街通りから2社並列で唄い囃しながら、もう一つの見どころ「大別れ式」会場の大原小学校へ向かいます。
会場に入った神輿は、他の神輿と争うかのように力の限り会場内を駆け回ります。
その足音が会場全体をふるわせます。