節分とは一年間で立春・立夏・立秋・立冬の四回ある各季節の始まりの日の前日の事をいいます。

季節を分けるという意味で使われる節分ですが、江戸時代以降は立春の前日を指すことが多くなり、現在の節分祭になったといわれています。

節分祭は様々な災厄を祓う行事で、境内には年男・年女の方による豆撒きが、鈴鹿明神社では行われます。
境内に特設台を作り、豆撒きをする様子を見にたくさんの方が毎年訪れます。