浅口市金光町は「植木のまち」と呼ばれる、県下最大の植木の産地です。
会場の「金光町植木協同組合」卸売市場には金光町の植木業者から約1000種類もの植木が出品され、多くのガーデニングファンで賑わいます。
名物企画となっている競り市や苔玉つくり体験(有料)、昼食を提供する屋台や生花プレゼント付きの献血コーナーもあり、プロの庭師による選定講座も開かれます。

金光植木まつりは春はゴールデンウィーク中、秋は11月上旬頃に数日間行われ、毎年春・秋合わせて約7万人が訪れるそうです。