遠い、遠い昔より行われている神事で、この「天王祭」は八日間に渡って行われています。

このお祭りは、「出御祭」、「三ツ目神楽」、などいくつかの神事が合わさって行われます。

瀬戸神社には鎌倉時代に鶴ヶ丘八幡宮に奉納されていた、いくつかの楽器を継承しており、それらがこの「天王祭」で使われています。
さらには神職が釜でお湯を沸かし、これを参加者などに吹きかけることで、参列者の無病息災を祈るなど、
様々な意味がこのお祭りには込められています。