大蛇のお練り行事という珍しい行事で、藁で作られた大蛇が町内会を練り歩きます。
大蛇は鳥居に巻きついております。
こちら、何故大蛇かというと江戸時代に疫病が流行、多くの村人が病に倒れた際、この村の名主の夢に「藁で作った大蛇を村人が担ぎ村内を巡行させるとよい」とお告げがあったことが始まりとされております。
江戸時代のことがこの時代まで残っている貴重な文化です。
大蛇が町を巡回するこのお祭り、是非足を運んでみてください。