夏越大祓は毎年6月30日に開催されます。
平安時代から続けられている歴史のある神事です。

参拝者はまず、茅の輪と呼ばれる直径2メートル程の大きな輪をくぐり半年間の罪やケガレを祓います。
次に、人形(ひとがた)という人間の形をした紙に名前を書き、自らの厄を託します。
最後に人形を納めてお祓いは完了です。


また、祭りの期間にしか購入できない茅の輪守りを購入することもできます。
数に限りがあるので欲しい方は早めに参拝しましょう。