6月、12月の年2回行われる大祓い(おおはらい)。特に6月に行われる大祓いのことを『夏越祓』と呼びます。

大祓いでは茅(かや)で作られた茅の輪をくぐることで身についた罪穢れを祓う事ができると言われています。